HOME > About

生蘭の由来~未来に挑む~
学校法人生蘭学園 理事長 笠間治一郎

 生蘭学園の歴史は明治16年に笠間治郎左衛門の納屋にて、小園蓼川、寺尾等各所にあった寺子屋が集まり、綾瀬で初めての公立学校として生蘭学校と命名されました。「生蘭」の名の由来は当時の「最も新しい蘭学」という意味から名づけられたと伝えられています。しかし、この納屋は太平洋戦争後、当主であった笠間正治氏により取り壊されました。
 その後、当時の生蘭学園理事長である笠間正治氏は、昭和57年に神奈川県知事から認可を受け、昭和58年4月1日に「生蘭高等専修学校」として新たなスタートを切り、新しい時代に新しい職業教育をおこない、人間性豊かな人材の育成をすることを目標とする学校を目指しました。
人間は誰でも幸福な生活を願います。その幸福とは健康で、生涯を通じて、自分の体力と能力に合った仕事ができることだと思います。教育とは良い成績をとるだけでなく、各人が出生時から持っている「宝」、それがなんであるかを見つけ出し、磨き、そして「自分はこれができる」と胸を張れる人生が幸せだと思います。
本校では基礎学力の向上、心を育てる教育の重視、専門教科の指導の徹底、ユニークで楽しい勉学の中にも、規律と厳格さを兼ね備えた学校を目指しています。確かな学力、実力、自信を身につけ、社会で本当に役に立つ人材の育成に努めています。一人ひとりのキャリアに向けた基礎を3年間の学園生活で養い、大きく成長できることを願っています。

確かに伸ばす生蘭の特色
大学入学資格、高校普通科卒業資格取得に加え、各種検定資格が取得できる
生蘭で取得できる資格をチェック! 拡がる3年後の進路選択!
各種検定資格取得により3年後の進路の可能性UP!検定資格はあなたの一生の宝物
社会で役立つ知識と技能を楽しく学ぶ高等専修学校。
本校は情報システムが浸透した社会に対応できる知識と技能を身につけ、様々なビジネスシーンで通用できる人材の育成に努めています。そのため、最新の情報処理機器を導入し、楽しく、快適に学びます。実技に重点を置いた学習をおこない、即戦力として対応できる知識と技能を身につけられます。
本校は大学入学資格付与に認定されているため、3年終了時に大学入学資格が取得できます。さらに向陽台高等学校との技能連携により高校普通科卒業資格も同時に取得できます。進路の可能性もより一層広がります。

どんな検定資格がとれるの?~資格取得でやる気UP! 充実度UP! 学習意欲UP! 進路の可能性UP!~
簿記、日本語ワープロ、表計算、データベース、文書デザイン、ホームページ作成、コンピュータ会計、プレゼンテーション、電卓、漢字検定、英語検定などが取得できます。高校で初めて学ぶ教科が多いので、苦手意識もなく、知識と技能を授業の中でしっかり学んでいきます。検定に合格することで、自分自身に自信が持てるようになるとともに、授業へ目的や目標を持ち取り組めるようになります。さらに取得した検定資格は進路活動であなたの大きな力になってくれます。

なりたい自分になるための3年間~Chance Challenge Change + Create~
生蘭学園では基礎からしっかり学びなおし、さまざまな検定資格を取得し3年後の自分の進路の可能性を大きく拡げます。雰囲気のとてもいい生蘭学園で学ぶことは自分の可能性を見つけ出すチャンスです。生蘭にはあなたをサポートしてくれる友達・先生がたくさんいます。中学校時代「できなかったこと」、「新しいこと」に積極的にチャレンジし、新しい自分を発見し、自信を付け、心を元気にしよう!3年間で色々なことを経験し、自分を大きく変えていこう!3年後の笑顔の自分に会うために!将来の可能性を拓こう!

新校舎完成!平成30年度4月より新校舎でスタートします。学校施設についてはこちらをご覧ください。アクセスについてはこちらをご覧ください。さらに詳しいマップはこちら